インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

お子さまからご年配の方まで、笑顔で通院できる歯科医院を目指しています

当院が目指しているのは、小さなお子さまからご年配の方まで、地域の方々が気軽に通うことができ、不安や疑問を感じることなく治療を受けられる歯科医院です。そのために、できるだけ削らず、抜かず、痛みの少ない治療の提供を心がけています。

また、セカンドオピニオンも承っています。他院で「この治療が必要」「抜かなければいけない」などと言われたけれど、何か他に選択肢はないかとお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。ご相談だけでもかまいません。十分に診査・診断をしたうえで、お口の中がどのような状態で、それを改善するための選択肢として何があるのかをお伝えします。

川波先生が診療を行う上で、大切にしていることを教えてください。

分かりやすい説明です。お口の中はご自身では直接見ることができないため、どういった症状があり、どのような治療が必要かが分からないと不安を感じてしまうでしょう。
そのため、治療の前に「どのような状態なのか」「改善するために必要なことは何なのか」を、分かりやすくお伝えします。費用や期間に関してお伝えすることも欠かしません。また、治療の際には事前にその内容を伝え、「今何をしているのか」を理解しながら治療を受けていただけるようにしています。

川波先生は「歯の保存」について深く学んできたということですが、どうしてその分野を選ばれたのですか?

「歯を守る」ということは、歯科治療における基本だからです。患者さまの歯を1本でも多く守れるように、勉強に力を入れてきました。
もちろん、患者さまが抱えている様々なお悩みに対応できるよう、歯科口腔外科やインプラントを始めとした他の分野の知識・技術の研鑽も積んできました。身に付けた知識・技術を活かしながら、患者さまのお口の健康を総合的にサポートしていきたいと思っています。

かわなみ歯科医院に初めて来たという患者さまに対して、心がけていることはありますか?

その方が「何を求めて来院されたのか」をきちんと把握することです。中には緊張して上手く伝えられない方や、自分でも問題を把握できていない方がいらっしゃいますので、診査・診断をしてそれらを導き出せるよう心がけています。そして、まずは患者さまが気になっているところや痛みを感じているところを優先的に治療します。
お口の中全体の治療を希望される方の場合は、初回は口内状態の確認とデータ収集をメインに行います。その結果を基に全体的な治療計画を提案し、2回目から本格的な治療に進みます。

川波先生がセカンドオピニオンも率先して受け入れられているのはなぜですか?

複数の歯科医師に意見を求めることで、治療の選択肢の幅を広げることができるからです。さらに、いろいろな治療法を聞くことで、お口に対する意識も高まるのではないでしょうか。もし、ある医院で抜歯をする必要があると言われた場合も、他の歯科医師の意見を聞くことで残せる可能性もあります。患者さまに納得して治療に臨んでいただくために、率先してセカンドオピニオンの受け入れをしています。

患者さまにはどのようになってほしいという想いを持って日々の診療を行っていますか?

予防やお口の健康に対する意識を持っていただきたいと思っています。そのために、分かりやすい説明やブラッシング指導などを通して、患者さまの意識を高めていけるよう努めています。

川波先生は今後「かわなみ歯科医院」をどのような場所にしていきたいとお考えですか?

お口に関するお悩みにトータルで対応できる歯科医院を目指しています。メンテナンスや一般的な歯科診療はもちろん、矯正歯科やインプラント治療まで含めて、幅広いお悩みに応えられる歯科医院がいいですね。そのために、まずは保険診療を中心に患者さまのお悩みを改善し、予防・メンテナンスに、気軽に且つ定期的にお越しいただけるような関係性を構築していきたいと考えています。